上記3項目のうち、1つでも当てはまるかたは、今までメガネ選びに悪戦苦闘 しませんでしたか? 私の経験上「小さいメガネ」が中々合わせ難いので、 無理には御奨め致しません。 御顔の全体的な「バランス」を考慮した上で 販売をさせて頂いて御座います。  強度近視だから「小さいメガネ」しかダメ。 と言うのは私は反対で、もっと自由に御選び頂きその中で適切なアドバイスの元 最終的に御納得の上決めて頂く事が私は宜しいのでないかと思います。

「小さいメガネ」を選ぶ・・・この事は近年常識的になりつつある言わば、どこの メガネ屋さんでも耳にする「合言葉」の様なものです。 しかし「小さいメガネ」 と言っても基準が余りに抽象的過ぎて分かりくいです。 それに小さいメガネを 選びたくても御顔の大きさや眼の大きさ等を考えると、客観的に全く似合わない 場合もあります。 

本文へジャンプ

<答え>レンズ中心部で物を見た時には問題なく見えますが、レンズの 周辺部で見た時に物が歪んで見えたり焦点が合うまでに時間がかかる 場合が出て来ます。 その様な時には出来るだけ顔に近づけてメガネを 調整したり、場合によってはレンズの設計を変えたりします。 少し掛けて 頂きならして頂く事も御奨めします。

近年、「全自動加工機」なる物が世に浸透して以来 眼鏡加工技術者の「腕前」が地に落ちています。しかし その反面、まだまだ本来の「技術」をしっかり守っている 加工技術者も私は知っています。 全自動加工機だけで仕上げたメガネと技術者が、 そこにしっかり手を加えたメガネとでは「全く」仕上がりが 違うのです!! どうか比べて見て下さい。そしてどの様に 違うのか技術者と話し合うのも面白いと思います。  一本のメガネに様々な工夫がなされているのです。  したがってメガネは、どこで買っても「同じ」では無いのです。

例えば御自分のOCDが58.0mmなら、どうしたらいいでしょうか? 御自分のOCDが右33.0 左36.5の時にはどうしたらいいでしょうか? また、どんなメガネの枠のサイズ(FPD)を目安に選べば良いのでしょうか? もしその理想サイズが自分に「似合わなかったら」どうしたら良いのでしょうか?   当店ではこの様に皆様と一緒に考える事を一番大切にしています。

メガネを作る上でココがポイントになります! 御自分の理想的フレームPDは幾つなのか? そして御自分のOCD(レンズ加工時使用瞳孔間距離) は一体幾つなのか? この2つを最低限知っていれば、 メガネ枠選びがもっと楽しくなり、また迷った時の 「道しるべ」にもなります。 とても大切な事なのです。

〜QOV(Quality Of Vision)のすすめ〜  当店では、ただ単に視力検査をしてメガネを作る訳ではありません。 同じ「見える」でも見え方の「質」は様々です。 その「質」を追求し 屈折、調節、コントラスト視力(生活視力)、両眼視機能 等を 評価し、皆様と話し合いながらメガネの装用度数を決めて行きます。

御存知ですか?

光学的な理想サイズと美学的な理想サイズは、 必ずしも一致するとは限らないのです。

 

(FPD)

フレームPDと言う言葉を是非、覚えておいて下さい。

〒183−0015
東京都府中市清水が丘3−23−30
本格的なメガネ店 プロショップ日本メガネ
フリーダイヤル 0120−2777−36

プロショップ日本メガネは 強度近視のメガネ作りを研究しています。

輪郭線の入り込みです。

FPDの表記は殆どのメガネにあります。 メガネの弦の内側、もしくはブリッヂの内側に 大体、表記されています。 50□20とか 48□18の様に表記されています。  その□の左右の数字の合計がFPDになります。

<要注意!> 御金を沢山出して「高額なレンズ」を買う事だけがベストではありません。  確かに「薄型軽量レンズ」は必要ですが、それはレンズを薄く見せる為の 一つの方法です。しかし本当はプラスアルファがないと、最大限の効果は 期待できないのです。 プラスアルファすなわち、加工技術者の「腕前」です。

メガネ屋さんで究極の選択を迫られました! アナタなら、どうしますか?  1)光学的な裏付けがしっかりしていて「確実」にレンズが薄くて軽くなる事 が分かっているメガネの枠を選ぶ。  2)当然1)を選びたいが自分には小さ過ぎる。 多少レンズの厚みは、1)より 厚くなるが、あくまで一般的なメガネのサイズの中から自分の顔の大きさや目の 大きさを考慮してサイズバランス重視で選ぶ。

強度近視のメガネの選び方

メガネ 調整技術 (フィッテイング) を考え続け20年

勿論、1)と2)の両方を兼ね揃えたメガネが理想なのですが実際には全てのかたに と言う具合には行きません。 私は、1)と2)のどちらかに比重を傾けるケースの方が 多いと思います。 20年間の経験上、この「絶妙な傾け方」が出来上がりの 良し悪しを大きく左右する様に思います。 全てのかたが「小さいメガネ」にさえすれば 満足がいくかと思うのはメガネ屋さんの大きな間違いであり、強度近視のかたの 選択肢を暗黙の了解で狭めているのです。 人それぞれ悩んでいる事は違います。

今まで小さいメガネを御使いだったかたが、少しメガネを今風に横長の物を 選んだとします。 どの様な現象が起きると考えられますか?

レンズのカットの仕方で こんなにも変わります!

●眼が大きいかた●目尻の長いかた ●顔の横幅に対して瞳孔間距離が狭いかた

尚、当店は平成18年3月に「ウスカル会」を退会しています。